トップページ > お仕事最前線(ブログ)

フレーム フレーム フレーム フレーム フレーム フレーム フレーム フレーム
お仕事最前線 フレーム

エコキュートのコミコミ価格

2019年4月10日〔カテゴリ:エコキュート〕

昨年あたりから、初期にオール電化を導入したエコキュートが10年以上経過して、故障により入換えをするケースが目立ち始めました。

エコキュートは住宅設備としては高額ですよね。

そこで当店では、少しでもお安く提供させていただくために、メーカーにご協力いただいて398000円(税込、入換工事、10年保障付)の商品を用意しました。

施工内容は写真のように、手を抜くことなく確実に行なっています。
工事代もお安くなっていますが、安心です。

写真は当店からお客様へ貸し出した給湯器です。(無料です)

基礎工事が必要になった場合など、着工に時間が必要な場合は、なるべくお湯を切らす事がないようにご用意しています。

フレーム フレーム

ファットスキー

2019年3月27日〔カテゴリ:日常〕

この冬は検討に検討を重ねて、というと大げさですが....
ファットスキーを購入しました。
これは深い雪を滑るための幅が広いスキーです。機種の選定に当たって新潟まで出かけて行き、実際に深雪で試乗しました。
今日は、普通のゲレンデはどうなのか、心配なので確認してみました。
普通のスキーと真逆の形状で癖はありますが普通に滑れるので一安心。
とりあえず苦労が報われました。

フレーム フレーム

エコキュート基礎工事 その2

2019年3月26日〔カテゴリ:エコキュート〕

「その1」から

出来上がった基礎の型を横から見た様子です。
建物の基礎部分との接続されている場所が分かります。

コンクリートを打設していきます。

コテで整形します。

きれいに仕上がりました。
このまま4日程度で固まり1週間程度で強度が出るので、その後エコキュートの設置工事を行う事になります。

4日後、型の枠を取り外しました。
あと3日程度の養生で基礎工事は完了です。

エコキュートの設置工事の時の基礎の様子です。
強度のほかに貯湯ユニットが水平に設置できなくてはならないので上面部分の常識的仕上がりも必要になります。

お客様が殆ど意識されない基礎工事ですが、新規で設置すると費用も掛かるものなのでご紹介させて頂きました。

フレーム フレーム

エコキュート基礎工事 その1

2019年3月26日〔カテゴリ:エコキュート〕

エコキュートの貯湯ユニットは満水時500㎏になるので、基礎がしっかりしていないと傾危険です。新規で基礎を設置した場合の内容をご紹介したいと思います。

今回の施工は石油給湯器を熱源としていたものをエコキュートに切換える工事です。石油給湯器のタンクが設置されている場所へ貯湯ユニットを設置するため、タンクとブロックを撤去しました。

基礎のサイズ(800㎜角)に合わせて地面を掘ります。
そして木材で型を作ります。

地面の上に砕石を敷設します。
この砕石によってコンクリートと地面の接触部分が安定します。

今回の基礎は建物の基礎部分に接しているので、一体化させる事で安定させるために建物の基礎に鉄筋のアンカーを打ち込みます。

ワイヤーメッシュを鉄筋として使用します。
それを建物の基礎に打ち込んだ鉄筋に固定します。

コンクリートを流し込むする準備を行ないます。

以下は「その2」に続きます。

フレーム フレーム

エアコンの撤去工事

2019年3月14日〔カテゴリ:電気工事〕

県立高校でエアコンの撤去工事を受注しました。

今回はパソコン室のエアコンで、室外機3台室内機5台。
ガスの回収だけでも、仕様機器の搬入般移出、電源の確保など1日かかります。

他社の工事も進行していたので、50メートル近く離れた場所に移動しなくてはクレーンが使用出来ず誤算でした。2人では無理なので取引先営業マンの手を借り、クレーン搬出ポイントまで移動しました。

いつも思うのですが、人力だけの作業は限界がありますね。

撤去した室内機の開口部をジプトンで塞ぎます。

補修が完了した様子です。

この後、フロン破壊処理、廃棄物処理とそのマニフェスト提出、工事写真、請求書類の提出などを行い、完了しました。

フレーム フレーム

スキー検定

2019年3月10日〔カテゴリ:日常〕

4月からは就職する三男は、あと少しでスキー検定2級合格なのですが、これからは休みも合わなくなるのでスキーに連れ出す事も出来なくなる可能性があります。
今シーズンは隔週のペースで10日程度の練習を行いました。良い仕上がりだと思ったのですが結果は1点足らず...
ジャッジに確認したところ、基礎種目シュテムターンのストックワークが原因との事でした。これは私の指導ミスでもあり悔やまれますが、まあ仕方ないですね。
基礎練習で腕を上げた三男は格段にポジションが良くなりました。

フレーム フレーム

電気温水器入換工事

2019年2月22日〔カテゴリ:オール電化〕

ひたちなか市東大島にお住まいのM様に電気温水器入換のご依頼をいただきました。
電気温水器は構造がシンプルなので、維持費はかかりますが初期費用が安く、故障が少ないという長所があります。

実際に20年以上の長期に渡り使用されている場合が多く、ご家庭の状況によってはエコキュートへの入換はせずに、電気温水器の継続使用が得な場合もあります。

取外した電気温水器は30年近く使用されたものでした。

配管にはステンレスを使用します。

古い鉄管などとの接続をしなくてはならない場合もあり、電気温水器の入換といっても簡単ではありません。

写真は減圧弁との接続です。配管との接続には専用の圧着機を使用して圧着します。

配管が完了すると断熱を行なって完了です。昔の電気温水器の設置ではタンクをブロックの上に置くだけ、というものもありましたが、満水で500kgになるので、しっかりとした基礎にアンカーで固定する必要があります。

フレーム フレーム

コンクリート工事

2019年2月14日〔カテゴリ:リフォーム〕

昨年末にひたちなか市三反田にお住まいのO様から、お庭の水捌けが悪くて雨が降るとぬかるんでしまい洗濯物が干せなくなる、というご相談がありました。
ご高齢なので、降雨後は土が乾燥するまで不自由するとの事でした。

そこで部分的にコンクリートにして様子を見ることになりました。僅かに窪んだ場所なので排水を検討すべきなのですが予算の関係もあり、問題箇所だけの施工で対処してみる事になりました。

今後、梅雨や台風のなどで土の部分にどのくらい浸透していくかも見極めて継の対策が必要になるかもしれません。

仕上がってみると思った以上に使いやすいスペースが出来上がったように思います。

フレーム フレーム

洗面室改装

2019年2月5日〔カテゴリ:リフォーム〕

昨年末に施工した工事のご紹介です。

ひたちなか市M様低の洗面室リフォームを行いました。
築20年以上経過すると合板などの経年劣化で床がへこむ事があります。
今回の補修に当たってフローリングに張り替えるため、
床を支える根太の交換も必要になります。

根太を取付けてから合板を張ります。
この上にフローリング材を貼る事になります。
洗面化粧台も交換するため配管位置が調整されているのが確認できると思います。

フローリング材の施工している様子です。

フローリング完了後クロス工事を行ないます。

床と壁の接点に巾木を取付けてほぼ完成です。

洗面化粧台の設置が完了しました。
水廻りは壁や床の腐食、また壁のカビなどでじめじめした雰囲気になりがちですが1週間程度の期間で手頃なリフォームが出来ます。お客様にもご満足いただけました。

フレーム フレーム

冬枯れの奥日光

2018年11月18日〔カテゴリ:日常〕

紅葉も終わり、静かになった奥日光へ家族で出かけてみました。

いろは坂のロープウェイ駅では改修が完了しました。戦前からケーブルカーが敷設されていて廃線跡が案内と共に見学出来るようにしてありました。同様の産業遺構は山中に埋れているので、ぜひ活用を期待したいところですね。

金精道路の菅沼付近を通過すると白根山が見える場所が1箇所だけあるのですが、山頂付近が僅かに白くなっていました。今年は暖かいと言われていますが、ひと月もすればこの辺りは雪になります。

フレーム

 1件目から10件目までを表示 次のページ