トップページ > お仕事最前線(ブログ)

フレーム フレーム フレーム フレーム フレーム フレーム フレーム フレーム
お仕事最前線 フレーム

空手の試合

2017年7月23日〔カテゴリ:日常〕

日立市で、妻と子供の空手の試合があったので、ビデオ撮影と応援に行きました。空手の競技は型と組み手に分かれていて、本当は型の部を撮影してほしかったらしいのですが、のんびり出かけて駐車場が激込み。組み手の撮影しか出来ませんでした。
試合も経験上マンネリ化するので、何かひとつテーマを決めて臨むように伝えました。これはどのスポーツでも、仕事でも同じだと考えていますが、どうでしょうか。

フレーム フレーム

ハートアート展

2017年7月20日〔カテゴリ:日常〕

お世話になっている「あとりえズーム」の加藤先生が、東京で展覧会を兼ねたイベントを主催するので、お手伝いに行きました。場所は上野に近い末広町。結構有名なスタジオらしいです。

今日は準備初日で、午後到着すると搬入作業を行なっていました。
展示作業は見ていて気が遠くなるようで、エネルギーが必要ですね。

映像によって創作過程と、意味するところを紹介する試みらしいです。
天井、壁、床、全部が白の展示スペースにモニター7台と電源を設置しました。
作品を邪魔しないようするために、配線が視線に入らないようにしました。
イベントが成功すると良いですね。

フレーム フレーム

県立那珂湊高校のエアコン修理

2017年7月14日〔カテゴリ:日常〕

県立那珂湊高校のエアコン工事を行ないました。
二台まとめての修理で、片方は小動物侵入による基板交換。
あと一台はフロンガス再封入と耐圧試験です。

写真のフロンガス、フロン22は間もなく世界的に製造禁止となるため、今後ガス漏れしても修理は出来なくなります。
まだ、稼動しているエアコンはかなりあり、公共施設では計画的に入換えとなるでしょう。大手空調メーカーはそのあたりを見越しているのではないでしょうか。

耐圧試験中の様子です。配管に漏れがないかフロンガスを封入する前に確認します。

業務用エアコンの施工に於いては当たり前のフロンガス取扱いですが、当たり前の作業に対して規制が施行されます。
ところが、フロンガス放出がかなり多い家庭用エアコンは対象外なのです。このあたりはどうなのでしょう。

フレーム フレーム

フロンガス封入

2017年712日〔カテゴリ:日常〕

毎年この時期は、エアコンのガス封入が続きます。
エアコンのフロンガスが微量に漏れ続けて一定以下になった時に症状として感じられるのですが、気温が急上昇した時がお客様にとって一番分かりやすいんでしょうね。

今年からこのフロンガスの取扱について規制が施行され、資格所持とともに業務用エアコンはフロンガス封入に届けが義務付けられました。
もともと業務用エアコンの施工は回収機材によるフロン回収は当然の事なのです。
ところが家庭用エアコンは施工時の放出が当然のように行なわれ、かなりの数量であるにもかかわらずお咎めなしなのです。おかしな話だと思いませんか。

フレーム フレーム

茂木100キロコース

2017年7月11日〔カテゴリ:日常〕

ロードバイクを夏のトレーニングとして活用していて、週4~5日、30キロ弱の走行を早朝行なっています。これも目標がないと続きません。最初は体が慣れたころを見て、茂木の小さな峠道含む100キロコースを走行して体と車体の様子を確認。日光の霧降高原など、予定している山岳道路に備えます。体と車体に支障が感じられなくなるまで準備走行を繰り返します。
去年と同じだった、という事は一度もないので体も変化しているのですね。

フレーム フレーム

全自洗の修理

2017年7月10日〔カテゴリ:日常〕

全自動洗濯機の修理を、茨城県立海洋高校で行ないました。
とくに難しい仕事ではないのですが、不注意からご迷惑をお掛けしました。

よく見れば分かるはずなのですが、排水設備のない教室窓辺に設置してあります。排水ホースは壁に開けた穴に差し込んであるだけ。差込が甘く、教室が水浸しです。慌ててモップをかき集め事無きを得ましたが、大反省ですね。油断は禁物です。

フレーム フレーム

茨城空港

2017年6月17日〔カテゴリ:日常〕

支援学校の修学旅行があり、集合場所が早朝の茨城空港なので、先生方へのご挨拶を兼ねて見送りに行きました。
茨城県からの働きかけもあるのでしょう、修学旅行は茨城空港発が多くなりました。
地域の人たちにとって大変便利なのですが、県の空港維持は大抵ではないでしょう。

修学旅行はUSJはじめ神戸大阪だそうです。
これが終わると、生徒達はそれぞれの進路に向けた活動となり、飛行機に搭乗する姿は、そんな切り換えの時期を象徴しているようにも見えます。
この時期の神戸は蒸し暑いんですよね。
添乗員の同行も無いらしく、先生方は大変だと思います。

フレーム フレーム

月山

2017年6月11日〔カテゴリ:日常〕

六月になると残雪豊富なスキー場も営業を止めてしまい、月山で練習する事になります。山形まで割引料金でも往復10000円弱、それとガソリン代。お小遣い前借りなどで遣り繰りしながらのスキーとなります。

ここしか滑れないので、霧と雨でもご覧のとおり。一般常識からは考えられない、とよく云われます。

今回は2回目。いずれも練習会への参加という形をとりました。費用は掛かりますが、肩の具合が悪く練習不足だったので、まあ、いいでしょう。
今シーズンのスキーは今日で終了です。

フレーム フレーム

海洋高校

2017年5月24日〔カテゴリ:日常〕

茨城県立海洋高校のエアコンを修理しました。
基板とモーターの交換という単純な作業なのですが、作業が本日2回目なのです。

なぜかというと、写真のプロペラがモーターから外れなかったため、です。まだ新しくて腐食もないため、プロペラの予算は考慮しなかったのですが、失敗です。

周辺の環境を考えれば、グラウンドのすぐ後ろに漁港があるわけですからね。
もったいない、何とかなるのでは、といった考えは、お客様の迷惑になってしまいます。反省しなくてはなりません。

フレーム フレーム

ウッドデッキの補修工事

2017年5月24日〔カテゴリ:リフォーム〕

ウッドデッキは定期的な補修が必要で、防腐剤で処理をしても水が溜まれば腐食は避けられません。

今回ご依頼いただいたウッドデッキ補修工事は、腐食した箇所の交換と防腐剤処理の予定でした。

ところが分解してみると腐食が予想以上に激しく、予定の施工では中途半端では? という事になりました。

お客様に状況を説明して材料代など多少の最下予算をご了解いただきました。

写真の床板は半分程度の交換を予定していましたが、全部交換です。

床下の大引きは腐食箇所の補強を行い、防腐剤処理を行いました。

床板を含むベースの部分は補強したうえで防腐処理を行い、新品同様となりました。

周辺の囲いを元に戻して完了です。追加は50000円程度でしたが、それ以上の内容となっているため、お客様にとって、かなりお得な工事だったといえます。

フレーム

 1件目から10件目までを表示 次のページ