トップページ > お仕事最前線(ブログ)

フレーム フレーム フレーム フレーム フレーム フレーム フレーム フレーム
お仕事最前線 フレーム

霧降高原

2017年9月19日〔カテゴリ:日常〕

紅葉シーズンになる前に、仕上げの意味で霧降高原にトライして来ました。昨年の反省からギアを変更するなど車体に手を入れましたが、かえって登りにくくなり、3万円もの投資は何だったのでしょう...。やはり毎週ここで練習するくらいじゃないとダメですね。今日はここから鬼怒川温泉に下る予定だったのですが、出発時間が遅かったのでここで折り返しました。

フレーム フレーム

県大会

2017年9月17日〔カテゴリ:日常〕

空手の県大会が水戸武道館で開催されたので、試合の様子を見に行きました。子供は予選落ちだったのですが、欠員が出たための出場でした。
部活動で稽古を重ねている高校生相手に、負けたとはいえ、まともな試合になっていたので、確実にステップアップしている事を感じました。これで同レベルの相手に勝ちが出るようであれば黒帯も視野に入るか、といったところ。その意味では予選通過組と試合をする事は良い経験です。

フレーム フレーム

鬼怒川温泉駅

2017年8月20日〔カテゴリ:日常〕

東武鉄道が鬼怒川と今市間にSLを定期走行させる、と聞いたので見学に行きました。駅前に引込み線を敷設して転車台まで新設したのですから、かなりの設備投資です。このところ寂しくなった感のある鬼怒川エリアの活性化に貢献する事でしょう。

思い切った企画なので、日光市や栃木県の協力もあったと思い、駅長さんがいたので聞いてみたら殆どそれはなくて東武鉄道独自によるもの、とのことでした。
日光市は資金はともかく主要観光地を企業と連携して活性化させるべきですね。

人のことだとゴチャゴチャいうのは、歳ですね....。

フレーム フレーム

夏の月山

2017年8月14日〔カテゴリ:日常〕

今年のお盆休みの天気予報は雨予報で唯一東北だけが曇りだったので、山形県の月山に行って見よう、という事になりました。
阿武隈山地を走行中は雨。東北道で曇り。山の天気には毎年祟られます。

麓では曇りで山頂は見えなかったのですが、まあ、途中雪渓と花が見られればいいよね、と登山を開始したら時折視界が開けて、思ったよりも雲が薄い。

山頂に到着したときはガスと雨でしたが、下山途中にはきれいに晴れてきました。
夜から天気は曇り始めて、ほんの一時の晴間に当たった事になります。
宿の人に、曇りと雨ばかりだったのに運がいいですね、と言われました。

子供たちも来年から進路決定の時期を迎え、家族で山に来ることは難しくなるでしょう。出来る内にこんな機会を積み重ねておきたいと思います。

フレーム フレーム

フロン排出抑制法

2017年8月3日〔カテゴリ:日常〕

今年からフロン排出抑制法に関する資格認定と処理においての申請処理に罰則付きの法律が施行されました。

しかし、対象機種が業務用というジャンルに限って、なのです。
フロン排出は家庭用が全体の35%で、故障での入換えは確実に放出しています。
業務用は確実に回収しているのに、おかしいと思いませんか?
フロン排出はダメですけど家庭用は対象外です、というんですね。

おまけに50万円の罰則規定付き。

という訳で...今日は講習会の日でした。

フレーム フレーム

空手の試合

2017年7月23日〔カテゴリ:日常〕

日立市で、妻と子供の空手の試合があったので、ビデオ撮影と応援に行きました。空手の競技は型と組み手に分かれていて、本当は型の部を撮影してほしかったらしいのですが、のんびり出かけて駐車場が激込み。組み手の撮影しか出来ませんでした。
試合も経験上マンネリ化するので、何かひとつテーマを決めて臨むように伝えました。これはどのスポーツでも、仕事でも同じだと考えていますが、どうでしょうか。

フレーム フレーム

ハートアート展

2017年7月20日〔カテゴリ:日常〕

お世話になっている「あとりえズーム」の加藤先生が、東京で展覧会を兼ねたイベントを主催するので、お手伝いに行きました。場所は上野に近い末広町。結構有名なスタジオらしいです。

今日は準備初日で、午後到着すると搬入作業を行なっていました。
展示作業は見ていて気が遠くなるようで、エネルギーが必要ですね。

映像によって創作過程と、意味するところを紹介する試みらしいです。
天井、壁、床、全部が白の展示スペースにモニター7台と電源を設置しました。
作品を邪魔しないようするために、配線が視線に入らないようにしました。
イベントが成功すると良いですね。

フレーム フレーム

県立那珂湊高校のエアコン修理

2017年7月14日〔カテゴリ:日常〕

県立那珂湊高校のエアコン工事を行ないました。
二台まとめての修理で、片方は小動物侵入による基板交換。
あと一台はフロンガス再封入と耐圧試験です。

写真のフロンガス、フロン22は間もなく世界的に製造禁止となるため、今後ガス漏れしても修理は出来なくなります。
まだ、稼動しているエアコンはかなりあり、公共施設では計画的に入換えとなるでしょう。大手空調メーカーはそのあたりを見越しているのではないでしょうか。

耐圧試験中の様子です。配管に漏れがないかフロンガスを封入する前に確認します。

業務用エアコンの施工に於いては当たり前のフロンガス取扱いですが、当たり前の作業に対して規制が施行されます。
ところが、フロンガス放出がかなり多い家庭用エアコンは対象外なのです。このあたりはどうなのでしょう。

フレーム フレーム

フロンガス封入

2017年712日〔カテゴリ:日常〕

毎年この時期は、エアコンのガス封入が続きます。
エアコンのフロンガスが微量に漏れ続けて一定以下になった時に症状として感じられるのですが、気温が急上昇した時がお客様にとって一番分かりやすいんでしょうね。

今年からこのフロンガスの取扱について規制が施行され、資格所持とともに業務用エアコンはフロンガス封入に届けが義務付けられました。
もともと業務用エアコンの施工は回収機材によるフロン回収は当然の事なのです。
ところが家庭用エアコンは施工時の放出が当然のように行なわれ、かなりの数量であるにもかかわらずお咎めなしなのです。おかしな話だと思いませんか。

フレーム フレーム

茂木100キロコース

2017年7月11日〔カテゴリ:日常〕

ロードバイクを夏のトレーニングとして活用していて、週4~5日、30キロ弱の走行を早朝行なっています。これも目標がないと続きません。最初は体が慣れたころを見て、茂木の小さな峠道含む100キロコースを走行して体と車体の様子を確認。日光の霧降高原など、予定している山岳道路に備えます。体と車体に支障が感じられなくなるまで準備走行を繰り返します。
去年と同じだった、という事は一度もないので体も変化しているのですね。

フレーム

 1件目から10件目までを表示 次のページ