トップページ > お仕事最前線(ブログ)

フレーム フレーム フレーム フレーム フレーム フレーム フレーム フレーム
お仕事最前線 フレーム

発火したエアコン

2017年3月22日〔カテゴリ:電気工事〕

先日、市内の県立高校の事務室でエアコンの修理を行ないました。電源を入れると焦げ臭い、というエアコンの点検をしていたら室内機の基盤から火が出てきたので、使用を停止していました。

予算の目処がついたので、本日作業を行ないました。
直接的には室内制御基板、右端のベースが緑色の基板からの発火ですが、念のためにトランスなど劣化が考えられる部品3点の交換を行いました。

フレーム フレーム

ヘルスケアセンター

2017年3月21日〔カテゴリ:電気工事〕

今年度は茨城県とひたちなか市の見積において、数件の小さな仕事が取れたので、年度末が忙しくなりました。
今日はひたちなか市日製病院に併設されているひたちなか市ヘルスケアセンターの小型エアコンの入れ換え工事を行ないました。
今回は天井埋込みエアコン3台を設置します。

写真は古い室内機の取外しが完了したところです。

ひたちなか市の仕事、特に建設業以外の小規模工事については競争が激しく、商品の納品だけ、あるいは施工が簡単な場合、利益確保が大変困難なのです。

写真は配線と配管、吊金具の処理が完了したところです。

今回の工事はクレーンを使用しないと屋上に室外機が設置できないため、
総額では当店が有利になりました。
他社は人力で吊り上げる検討をしていたと聞きました。なぜ利益確保が困難なのか、その理由が伺えます。

屋上に室外機を設置して配管が完了しました。工期は3日でした。
今回の工事は作業者の協力で、何とか予算内に抑える事ができました。当店はそのあたりが恵まれていると思います。

フレーム フレーム

街路灯交換工事

2017年3月20日〔カテゴリ:電気工事〕

アパート敷地内の街路灯が破損してしまい、交換する事になりました。この真下が駐車スペースなので車の部品が当たったか、ボールが当たったなどが原因でしょう。

ガラスの落下が危険なので、とりあえず撤去させていただきました。本体は型式も不明なので、既設のポールに新しいものを設置するご提案をする事になります。

本体の光源は、これまで使用していた水銀灯ではなくLED照明で、セードは割れると危険なガラスではなく樹脂製で小型のものをご提案しました。

ポーの内部の配線も全部入れ換えて、完了です。
既設ポールには適合しないので、アタッチメントを別途製作してもらいました。
LED照明は球切れのがないのでオーナー様にとって管理が楽になると思います。

フレーム フレーム

LED工事

2017年3月4日〔カテゴリ:電気工事〕

LEDの価格は以前と比べれば少し安くなりました。
既存の器具を改造してLEDにする事は簡単に出来るので事務所などにお勧めです。
本体内部の配線を一部変更するだけなので器具を交換するよりも低価格で済みます。

LEDの器具は色温度といって白の度合いが5段階に分かれているので、全て揃えないとおかしくなってしまいます。
また、明るさも4段階に分かれており、信頼性のあるメーカーの商品の中から、状況に応じた明るさ、色温度を選択しておすすめしています。
別室の事も考慮すれば全て同じメーカーのもので統一すべきですよね。
安いものばかりおすすめすると長期的に問題が生じる事になります。

フレーム フレーム

エアコンの基板交換

2017年2月24日〔カテゴリ:電気工事〕

県立那珂湊高校のエアコン修理を行ないました。
年度末が近い事もあって、修理見積を含めて学校関係の仕事が立て込んできました。

これは入札(見積)の結果当店が受注したもので、仕様が決定しています。
結果責任が軽減するというか、気が楽な部分はありますね。
今回は室外機基類の板の交換です。動作確認の結果、問題なく復旧しました。

フレーム フレーム

ファンモーター交換

2017年1月30日〔カテゴリ:電気工事〕

県立海洋高校のエアコン修理を行ないました。
この校舎は那珂湊漁港に面しているため室外機の腐食が目立ちます。
今回は交換部品などが学校側からの指定、つまり仕様が決定しているものなので、それに基づいての作業となりました。
つまり、症状の確認と故障箇所の特定作業などは行なっていない訳です。

ファンモーターの交換という簡単な作業でしたが、交換後試運転すると故障が改善しませんでした。
症状は異音発生というものでしたが、異音はファンモーターではなくコンプレッサーです。責任はないのですが後味が良くありませんね。
結局、当店で再調査、再度見積をさせていただくことになりました。

フレーム フレーム

マンションのエアコン

2017年1月16日〔カテゴリ:電気工事〕

昨年水戸市にマンションをご購入されたお客様のエアコン工事を行ないました。通常マンションの壁にエアコンを取付ける場合には壁の出っ張りの上に設置しなくてはならないため、写真のように配管が室内に見えてしまう事になります。

ここの処理について、多少費用がかかりますが写真のような樹脂製の配管カバーで処理するようお勧めしています。配管が丸見えでビニールテープを巻いただけより断然上質に仕上がるので雰囲気を損なわないで済みます。
今回の工事もお客様にご満足いただきました。

フレーム フレーム

換気扇の設置

2016年12月18日〔カテゴリ:電気工事〕

鉾田市のD工業所様から休憩室に換気扇を設置してほしいとのご依頼をいただきました。床面積は71.5㎡、21.7坪になります。
天井高が2.7mなので容積が193㎥となります。

換気扇の設定は基準が決まっていて、休憩室の場合は容積あたりの換気能力が1時間に6回となります。193㎥×6=1158㎥/hで1158㎥/hの換気能力が必要になります。
三菱の換気扇VD18ZXPの場合350㎥/hなので、1158/6=3.3となり
3台~4台の換気扇が必要なことになります。

配管工事、電気工事などが必要になるため、換気扇自体は安くても結構な予算となってしまうので、段階を持って検討するのも良いと思います。
基準では事務所、会議室などの換気能力は1時間に4回程度のため、まず2台設置してみて能力不足なら追加をご検討いただくことにしました。
計算上60%の換気能力で基準的には事務所と同等ということになりますが、
問題なくご使用いただいているようです。

フレーム フレーム

EV充電スタンド

2016年12月10日〔カテゴリ:電気工事〕

EV充電スタンド設置のご依頼がありました。
一般的にはEV充電コンセント設置が多いのですが、お客様のご希望でMode3対応、充電ケーブル内臓のパナソニックDNM321Sをご注文いただきました。

EV充電スタンドDNM321Sは、設置にあたり配線と本体の埋設が必要になります。
今回は設置希望箇所がコンクリートなので、それを削らなくてはなりません。

コンクリートを削り、下部の砕石を取り除くと配管が出てきてしまいました。

EV充電スタンドがこの配管を跨ぐ形になるので、スタンド本体を、強度に問題ないことを確認して多少加工しました。

このEV充電スタンドは内部結露用の排水口が着いているので設置深さが変更できません。何とかクリアーして埋設完了となりました。

4日間の養生期間を経て完了です。
ご希望通りの位置に設置出来て何よりでした。

フレーム フレーム

パッケージエアコンの修理

2016年11月30日〔カテゴリ:電気工事〕

15年前に設置したパッケージエアコンのマグネットスイッチが故障しました。古い機種にもかかわらず在庫があったので本日交換しました。しかし試運転では基盤から電源が不安定で、しばらく様子を見てみることになりました。夏までには入れ換えを検討する必要がありますね。

フレーム

 1件目から10件目までを表示 次のページ