トップページ > お仕事最前線(ブログ)

フレーム フレーム フレーム フレーム フレーム フレーム フレーム フレーム
お仕事最前線 フレーム

浴室暖房換気扇

2017年4月29日〔カテゴリ:住宅設備〕

連休直前に浴室暖房換気扇が壊れてしまい、至急交換のご依頼を頂きました。
取付可能な機種は複数あるのですが、お客様のご希望は「メーカー品」である事、なので三菱V141BZをお勧めしました。

本体を取外して、取り付け穴を拡大整形します。

天井の合成樹脂に直付けできるのですが、念のために補強の角材を取付けました。

本体の取り付けと配管、電気配線で終了です。

この商品はネットでも安く販売されているんですね。工事代が割高になりますが、当店ではネットで購入したものでも取り付けを行ないますのでご安心ください。自己責任になる部分もありますが、多少節約になると思います。

フレーム フレーム

高所のエアコンクリーニング

2017年1月21日〔カテゴリ:住宅設備〕

高所に設置した照明器具の交換の際ついでに、とエアコンのクリーニングもご依頼いただきました。
足場の設置が必要な場所なので、この機会にまとめてしまえばお得ですよね。

照明交換後なので、クリーニング完了は日没後、足場撤収も含めて7時過ぎになってしまいました。工事は定休日の日曜日に行なったため、お立会いいただいた店長様は休みになりませんでした。お疲れ様です。

フレーム フレーム

水道工事

2016年12月15日〔カテゴリ:住宅設備〕

今年の年末はなぜか水道補修工事が続いています。
今日は浴室の水道配管が錆びて取れてしまった、至急何とかしてほしい。というご連絡をお得意様からいただきました。

止水栓を閉めたため家中の水道が私用出来ない状態だったので、破損箇所を撤去してとりあえず水を使える状態にしました。今日は応急処置です。

翌日配管の工事です。家屋内の配管は通常壁の中に隠蔽されていて、壁を全面的に壊すのは費用がかってしまいます。

露出させて復旧することで検討しましたが、天井点検口を使用することで一部分だけの開口にとどめました。
これならクロス張替えも大工工事も必要ありません。

新しい混合水栓を取付けて完了しました。
お客様は一日だけ不自由しましたが、タイミングよくスムーズに施工出来て大変ご満足いただきました。

フレーム フレーム

完了

2016年5月25日〔カテゴリ:住宅設備〕

勝田高校のエアコン工事は、天気と作業時間の制約によって予定より2日も余分に時間がかかってしまい、本日完了となりました。写真は配管の気密試験の様子です。

通常こういった工事は、一日の作業時間を充分確保できれば2日間を工期と考えれば充分なのですが、4時過ぎに撤収準備に入らなくてはならないということについて見通しが甘かったといえます。今後はこのあたりを考慮しなくてはなりませんね。

フレーム フレーム

勝田高校

2016年5月13日〔カテゴリ:住宅設備〕

地元の県立高校のエアコン入換え工事を受注できたので、今日から施工開始です。県の工事は工程ごとに写真撮影を行い、各種証明書の提出が必要ななるので、一般の工事と比較して手数がかかります。
見落としていたのが作業時間でした。学校なので5時には退出して下さい、との事。3日間と見込んでいた工事は4日間は確保する必要がありそうです。

フレーム フレーム

オイルタンクの設置工事

2016年4月3日〔カテゴリ:住宅設備〕

先日オイルタンクのためにつくった基礎が出来上がりました。今日はタンクの設置配管を行いました。
このタンクは容量200リットルのもので、周辺地域で利用しているケースは余りありません。これ以上(220リットル以上)のものは消防署への届けや専用の設備が必要になります。給湯と暖房を灯油で行っているお宅はこれで2~3週間はもつので、定期的に満タンにしてもらえば灯油が切れるリスクを軽減できます。

フレーム フレーム

オイルタンクの基礎工事

2016年3月18日〔カテゴリ:住宅設備〕

水戸市のH様のお宅で大型のオイルタンクに更新するための基礎工事を行いました。
水戸市の条例で200リットル未満の灯油タンクは消防署に申請の必要が無く、これまで使用してきた90リットルタンクで給湯器と暖房機を運転する場合と比べた場合、給油の管理がかなり楽になるので、オイルタンク更新にあたりお勧めしました。
多少費用もかかりますが中型のタンクなので充分な基礎工事を行うことにしました。

フレーム フレーム

パッケージエアコン

2016年2月24日〔カテゴリ:住宅設備〕

ひたちなか市でオフィスビルを所有されているT開発様のオフィス用エアコンの修理を継続的にご依頼いただいてきましたが、設置後20年が経過したので一部の部品供給が出来なくなりました。

写真後方に設置してあるものが従来使用してきたもので、一台で40~50坪に対応する、通常10馬力と呼ばれる機種です。従来のものと比べて小型になりました。

このサイズだとエレベーターも使用できるのでクレーン車などを手配する必要が無く大変経済的です。
後方既設のエアコンを撤去するためにはクレーンが必要になりますが、費用がかかりお客様の負担になってしまうので、屋上で分解して撤去することにしました。

室内機はツインタイプといって、一台の室外機に対して二台の室内機がセットになったものです。この室内機は天井埋め込みカセット型(通称、天カセ型)と呼ばれる最も一般的なものです。オフィス用エアコンで、このようにセットになったものはパッケージエアコンと呼ばれています。

室内機を天井に設置したところです。小型になったため空いた部分はスペーサーでカバーすることになります。

この施工に当たってはテナント様の業務の支障にならないよう充分な打ち合わせが必要になります。
今回は室内工事のみ土曜日曜の休日に対応させいて頂きました。

フレーム フレーム

浴室暖房換気扇の交換

2015年4月12日〔カテゴリ:住宅設備〕

浴室暖房換気扇が取付けてあるユニットバスを使用している方も多いと思います。
13年程度経過した商品が故障すると、ユニットバスのメーカーからは、天井自体を交換しないとならない、といった話をされるケースがあります。

天井開口寸法がメーカー推薦のものと違っており、メーカーが自社取り扱いの商品以外は考慮しないためで、実際は大掛かりな工事は必要なく、多少の加工で入れ換えが可能になります。
写真は新機種のアタッチメントに合わせた天井開口を行っているところです。

写真のアタッチメントを取付けることで新機種への入れ換えが可能です。全ての新機種がサイズが小さくなっていますから、このような施工が必要になるのです。

施工完了後の様子です。
新機種は幅が小さく、少し縦長なサイズとなっていますが、専用のアタッチメントを使用することで違和感無く仕上がっています。

フレーム フレーム

何でも屋

2013年5月30日〔カテゴリ:住宅設備〕

浴室のシャワーからお湯が出ないから見てください....というご依頼がありました。
仕事の守備範囲の半分が住宅設備関連になりつつある今日、
何でも屋さん的なご相談は大歓迎です。
この前、小川さんって主は(主要商品の事かな?)何なの....?  と聞かれましたけどね。

古い配管なので、錆が詰まっていて、故障の原因はこの部分でした。
今回は錆を取り除いて、古くなったシャワー水栓ごと交換して完了です。

フレーム

 1件目から10件目までを表示 次のページ