トップページ > お仕事最前線(ブログ)

フレーム フレーム フレーム フレーム フレーム フレーム フレーム フレーム
お仕事最前線 フレーム

東金砂神社

2012年6月16日〔カテゴリ:日常〕

旧水府村にお住まいのお客様から、受信障害についての工事をご依頼いただいたので、今日は再度、午後から一時間以上かけて山間部に出かけました。
茨城にいても、この道を利用したことはないので新鮮です。

ここは東金砂神社といって、金砂神社磯出大祭礼という、たしか茨城県の無形民俗文化財に指定されている渡御行列という祭事を、72年に一度という長期スパンで行いうことで有名です。最近執り行われたので、次は60年以上先になるはず。このあたりの神事は調べると面白いかもしれませんね。

フレーム フレーム

浅草寺

2012年6月15日〔カテゴリ:日常〕

だいぶ前に、六月になったら東京に連れて行く、という約束がしてあり、今日はその実行の日。
昨年のこの時期ほど蒸し暑くはなく、昨年はお台場でエネルギーを消耗したので、下町の良さを子供たちに説明して、東京湾から浅草周辺というコース設定をしました。

浅草は観光客が多く、とくに外人が目立って増加したように感じます。東京スカイツリーの影響でしょうか。下町の風情を生かして開発してもらいたいものです。
子供に、この煙を良くなってほしいところにつけるといいよ、というと、だいたい頭に煙を浴びるものですね。

上野駅も北の玄関口ではなくなり、洗練されるのもいいんですが、ある意味で「猥雑さ」のなかに都会の魅力を感じます。どこに行ってもショッピングセンターのようになってしまうのは、どうなのでしょうか....。

フレーム フレーム

西山荘

2012年6月9日〔カテゴリ:日常〕

常陸太田市の西山荘は水戸黄門が晩年を過ごした場所として有名です。
地元だと、そんな場所でも足を運ぶことは無く、30年以上前に親戚と来て以来です。  大改修をしていて、大地震による破損箇所の修復を行っているのようですね。

施工は名古屋の社寺建築会社が請負っています。
今日はその会社様から事務所などの空調機、電気配線について見積のご依頼があり、久しぶりにこの場所を訪れることになりました。

フレーム フレーム

水府村

2012年6月6日〔カテゴリ:日常〕

今日は旧水府村までアンテナ工事のお見積に出かけました。
当店のスタッフから、常陸太田市です、といわれたのですぐ到着すると思っていたら、併合された旧水府村で大子町に近い場所でした。
常陸太田市も、ほんとに広くなったものです。

山間部における受信不良は解決が望めない場合が多いのですが、さいわい、ここ数年開局した水府局の付近なので、お客様の問題は何とか解決できそうです。

フレーム フレーム

高鈴町

2012年5月31日〔カテゴリ:日常〕

日立市高鈴町にお住まいのお客様から、太陽光発電システムについて、
お見積のご依頼がありました。当店のHPをご覧いただいてのお問い合わせです。
成約に結びつくかどうか分かりませんが、導入に当たって参考にしてもらえる事例のご紹介と、施工についてお話させて頂きました。

2階屋根だけで4kW程度のシステムが180万円位のご予算で導入できるので、資金的なご負担にならずに、効率よく家計に貢献するシステムを設計できると思います。

フレーム フレーム

居酒屋

2012年5月21日〔カテゴリ:日常〕

最近は近隣の居酒屋チェーン店などの修理のご依頼が、東京のメンテナンス社様からよく入るようになりました。
全国的な店舗展開をしていると、そういった管理のほうがロスの軽減になるのだと思われます。
今日は市内の店舗でトイレ内の照明修理のご依頼がありました。写真の状態では、手直しは危険なので部品を取り寄せることになりますね。とりあえずトイレが使用できるように応急処置をしました。

フレーム フレーム

月山

2012年5月19日〔カテゴリ:日常〕

毎年この時期になると、あとどれだけスキーに行くことができるか、雪が残っているのは遠方なので、仕事と同行者とのスケジュール調整が忙しくなります。
幸か不幸か、4月の増税のおかげで5月は仕事が少なくて、今年は思い切ってほぼ毎週、山形県の月山まで出かけることが出来ました。

年齢も50過ぎ、怪我も抱えているので、体と相談しながら行う必要があります。
遠いのと日数が限られているので、つい、無理してしまう傾向がありますね。

体が良く動いているときは関節にも無理が来ないので違和感無いんですよね。

一泊での二日続けての練習は、二週間明けたほうが良いと感じました。

膝関節に異常に負担が感じられるときというのは、
単なる疲労の蓄積か、あるいは練習の中で変化を求めて勘違いの動作を繰り返す中で、膝の負担からフォームが崩れ、それを補うため、また負担が増え、上半身が固まり、その結果下肢の動きが制限され.....の悪循環に陥っていることに気づきました。

もったいない、とか、変な根性で練習しても滑り自体がおかしくなるし、体も壊れるだけですからね。
反省すると同時に、このあたりに気付いただけでも収穫かな?

フレーム フレーム

安全なIH

2012年01月25日〔カテゴリ:IHクッキングヒーター〕

リフォーム工事進行中のS様は、ガスは危険だから...とIHクッキングヒーターを導入する事になりました。
今日は電気工事も完了したので、ガス器具を取り外しIHクッキングビターを設置します。
写真は、なかなかお掃除のできる場所ではないので時間を取ってきれいにしているところです。

75センチ幅のIHクッキングビターを設置しました。
当店は高価なオールメタルのものはあまりお勧めしていません。
アルミ鍋などを使用して効率が下がってしまうのであれば、質の良い鍋を購入した方が良いのでは?と考えているからなのです。
底面の形状もIHクッキングヒーター対応以外の旧式の鍋は不適合な場合が多いのも事実です。

続いて、ご説明を兼ねたIHクッキングヒーター専用鍋のご紹介です。
S様はご高齢のため使用出来るのか心配していましたが、簡単に使用出来る事を実感されていました。
こちらで食材を用意してお伺いします。専用鍋を使用した便利な調理法をご紹介しながらの実演です。

フレーム フレーム

塗装工事 補修その1

2012年01月17日〔カテゴリ:リフォーム〕

屋根の側面、笠木、と呼ばれる鉄板が腐食している様子です。
この上にアルミテープを張る、というので、少し手間でも金属板で補修してもらいました。
このような箇所が10か所以上あります。

金属板では覆いきれないのが確認できます。
この段階で、お客様に僅かの追加費用のご理解をいただき、板金で不良個所をカバーしてもらう事にしました

カバーした後、防水、塗装が完了した状態です。
この辺りをキチンと見て置く事が高額な工事をするうえで大切なことになるのです。

フレーム フレーム

塗装工事 補修その2

2012年01月18日〔カテゴリ:リフォーム〕

鉄骨部分の腐食が目立つ車庫の様子です。
コンクリートの劣化個所はコーキング材、鉄骨の腐食により穴が開いてしまったところは、金属板をネジ止めとて補修します。

腐食は目立たなくなりました。

上部のコンクリートの欠落は、モルタルでの補習を行いました。
下部の鉄骨は金属板による補修です。

塗装後、ほとんど目立たなくなりました。

漏水で腐食の激しいベランダ下の部分。

漏水の補修と放水処理、金属板の補修を行ったうえでの塗装です。

フレーム

 1件目から10件目までを表示 次のページ