有限会社 小川電機
茨城県ひたちなか市のでんき屋さん

トップページ > お仕事最前線(ブログ)

お仕事最前線

塗装工事(クラック補修)

2020年3月14日〔カテゴリ:リフォーム〕

塗装工事は外壁を保護するために行うので、クラック補修は大切な作業です。
全体的なシール打替えなど、状況と劣化の度合いによってある程度費用が掛かる場合もあります。普通は不良個所の打替えを行います。

そのためには洗浄終了後に全体の不良個所を把握しておく必要があります。修正については作業者と認識の違いをなくする必要があり実際に現地で話をしながらチェックを行います。

写真は出窓の上の小屋根です。
錆を取り除くと隙間が空いていることが分かりました。

このような建具の劣化を伴う場合、塗装による防水には限界があります。
状況と補修方法についてお客様に知っていただく必要があります。

コーキングと塗装でとりあえず隙間はなくなりましたが、ここは劣化の度合いについてチェックをしていく必要があるでしょう。

矢印のテープは見落としを示すために張ったものです。
作業者も必ず見落としがあるので、任せきりではなく慎重に確認したいものです。お客様にも安全な範囲で足場の上をご案内して確認していただいています。

塗装工事(コロニアル屋根)

2020年3月14日〔カテゴリ:リフォーム〕

コロニアル屋根のスペーサーについてご紹介します。
コロニアル屋根は外壁に比べて劣化が分かりにくいのですが、足場を掛けてみると10年程度でも劣化の進行が分かります。長期にわたって放置すると骨粗鬆症のようになり交換が必要になるので注意が必要です。

一般的に知られていないのですが、コロニアルは重なり目に隙間が必要です。
ここがゴミや塗装膜で塞がれてしまうと水を吸ってしまい排水できず、下地材の劣化につながります。

洗浄終了後、ヘラでごみをかき出します。この作業を広い屋根全体に行うので非常に面倒で「やらなくてよい」「ふつうやっていない」という職人さんが多いのが実際です。

しかしこれは見積もり段階から指摘しておく必要があり、そのための予算も確保します。大した金額ではありません。

写真がスペーサーです。これを要所に挿入することで隙間を確保します。この作業は「縁切り」と呼ばれています。

挿入した状態です。「縁切りは」実際に行っているところを確認する必要があります。お客様には写真で行ったことを報告しています。

これは中塗りが完了したところです。苔が付着していた淵の部分もきれいになっています。この後再度上塗りを行い完了となります。

塗装工事(作業の確認)

2020年3月14日〔カテゴリ:リフォーム〕

塗装工事をお引き受けした場合の確認事項をご紹介します。
日程が決まると足場設置が最初の仕事となります。複数台のトラックを停車するため駐車スペースを事前に決めておかなくてはなりません。また近隣のお宅へのご挨拶も事前に必要です。

ブルーシートやビニールシートで要所をカバーします。これを養生といいます。これが適切に行われていない場合もあるので確認が必要です。配慮の行き届いた施工かどうかはこのあたりで分かります。

クラック補修は特に大切なので別途ご紹介しますが、これは隅から隅まで確認が必要です。必ず見落としがあります。
足場に上がれるお客様ならば安全な場所はご案内して見ていただいています。

塗装は下塗り(シーラー)、中塗り(塗料)、上塗り(塗料)、の3工程です。見積通りの塗料かどうかの確認を行います。

塗装が終了したところで、細部まで確認します。見えない雨樋の裏なども不備があれば指摘して直してもらう必要があります。やはり毎回、どこかに必ず修正箇所はあります。

足場を外して完了です。この段階では修正できません。
工事中何度も現場に通い、お客様の立場に立ちチェックを重ねる必要があります。塗装工事をはじめある程度の期間がかかり、複数の作業者がかかわる現場では、任せっきりが一番まずいと考えています。

塗装工事の準備について

2020年3月9日〔カテゴリ:リフォーム〕

塗装工事で大切な色の選定についてご紹介したいと思います。
色はの選定について当店では最初に塗料メーカーのパンフレットをお渡ししています。その中にはメーカーの標準色のサンプルが張り付けてあります。

パンフレットで選定してもいいのですが、細かく確認するために、
サンプルで大体の見当がついたら塗料工業会発行の塗料用標準色見本をお渡しします。それで細かく選定することをお勧めしています。

色が決定したらメーカーから大判の見本をお取り寄せします。
それを使用して実際に屋外で確認します。

天気や時間帯での変化に注意が必要です。
晴天、曇り、朝と夕方などでは色彩が違って見えることもあります。

面倒でも数回確認しましょう。せっかくの塗装工事ですから、色や濃さ、色彩が違った、などのリスクを減らす事が必要です。

空地の伐採

2019,年6月11日〔カテゴリ:リフォーム〕

ひたちなか市にお住いのО様から空き地の樹木伐採のご依頼をいただきました。
住宅用の空き地なので面積はありませんが重機を使用して根本も掘り起こしての作業を行いました。
これは半日程度の仕事となります。
5本程度の樹木も伐採すると小型ダンプに満載です。

床工事

2019年4月11日〔カテゴリ:リフォーム〕

フローリングの床は築30年程度経過すると部分的に凹んだり表面が傷んでしまう場合があります。
 



補修する場合は、床下からの部分補修(補強)、フローリン
グ材の重ね張り、床自体の張替え、などがあります。
の重ね張りは張替え同様の仕上がりと手ごろな費用で施工できるのでご依頼いただく場合が多いです。

今回ご紹介のひたちなか市のK様のお住まいは築30年程度で近年床の傷みが目立ち始めました。そしてリビングを重ね張り、廊下、洗面所を床下補修することになりました。

リビングは床がフローリング材の厚みだけ上がるため、建具の修正とスロープなどの無補修工事も必要になります。

新築同様のフローリングになり、お客様にも大変ご満足いただきました。

コンクリート工事

2019年2月14日〔カテゴリ:リフォーム〕

昨年末にひたちなか市三反田にお住まいのO様から、お庭の水捌けが悪くて雨が降るとぬかるんでしまい洗濯物が干せなくなる、というご相談がありました。
ご高齢なので、降雨後は土が乾燥するまで不自由するとの事でした。

そこで部分的にコンクリートにして様子を見ることになりました。僅かに窪んだ場所なので排水を検討すべきなのですが予算の関係もあり、問題箇所だけの施工で対処してみる事になりました。

今後、梅雨や台風のなどで土の部分にどのくらい浸透していくかも見極めて継の対策が必要になるかもしれません。

仕上がってみると思った以上に使いやすいスペースが出来上がったように思います。

洗面室改装

2019年2月5日〔カテゴリ:リフォーム〕

昨年末に施工した工事のご紹介です。

ひたちなか市M様低の洗面室リフォームを行いました。
築20年以上経過すると合板などの経年劣化で床がへこむ事があります。
今回の補修に当たってフローリングに張り替えるため、
床を支える根太の交換も必要になります。

根太を取付けてから合板を張ります。
この上にフローリング材を貼る事になります。
洗面化粧台も交換するため配管位置が調整されているのが確認できると思います。

フローリング材の施工している様子です。

フローリング完了後クロス工事を行ないます。

床と壁の接点に巾木を取付けてほぼ完成です。

洗面化粧台の設置が完了しました。
水廻りは壁や床の腐食、また壁のカビなどでじめじめした雰囲気になりがちですが1週間程度の期間で手頃なリフォームが出来ます。お客様にもご満足いただけました。

ウッドデッキの製作

2018年11月1日〔カテゴリ:リフォーム〕

ひたちなか市にお住まいのT様からウッドデッキのご依頼を頂きました。。ウッドデッキは屋外雨ざらしのため、防腐剤を塗布しても痛みやすく、またプラスチックは高額になります。

なので最近注目されている木材
(バツ :東南アジア産の広葉樹で、ハードウッドと呼ばれる木材の一種。耐久性が高い割に価格が手ごろで、コストパフォーマンスが良く、ウッドデッキを作るにはバランスの取れた材料 )
での施工をご提案しました

なお、大引きの部分はヒノキを使用しています。

仕上がりの感触にザラツキがあったので、材木業者に問い合わせたところ、塗装などによる処理はしないでヤスリがけで対応可能だということで、その処理も行なってもらいました。

今回のウッドデッキについては、形状とサイズ、手摺りのデザインなど、お客様のご要望を元に製作しました。

ハードウッドに分類されるこの材木は防腐剤の塗布をしないほうがよい、との事なので、当店としても長期的に様子を見させていただきたいと考えています。

補修工事

2018年8月30日〔カテゴリ:リフォーム〕

あるリフォーム会社の施工に多数の不備があり、話合いが終わったとの事で、不備箇所について当店にご相談をいただきました。問題箇所について確認すると、外回りの施工に手抜き?が見られました。とくに雨樋はやり直す必要があり、費用も掛かるので大変ですが、補修をまとめてご依頼いただきました。

問題箇所の一部です、金属屋根の施工後「水切り」の仕上げがされていません。

雨樋の排水が水切りの上で終わっています。

捲れて隙間があった板金は補修後防水しました。

水切りの上で終わっていた雨樋は一階屋根の雨樋に横引きしました。

水切りも正常な形に整形しました。併せて一部板金を修正して捲れていた箇所の補修を行なっています。
同様の補修箇所は10ヵ所以上あるのですが、正常な形に修正させていただき、これでお客様も一安心ですね。

 1件目から10件目までを表示 次のページ