有限会社 小川電機
茨城県ひたちなか市のでんき屋さん

トップページ > お仕事最前線(ブログ)

お仕事最前線

水銀灯交換

2020年12月7日〔カテゴリ:電気工事〕

自動車展示場の外灯交換を行いました。
展示場が広く、自動車が隙間なく展示されているので展示車の移動をお願いしながらの施工です。

作業には高所作業車を手配しました。本数が多いので水銀灯は歯抜けのように切れた状態が続いていて、今回20本弱の交換作業となりました。

LEDであればこのようなメンテナンスは必要なくなりますが、すべてをLED化するには大変費用のかかる話になってしまいますね。いずれ水銀灯も電球や蛍光灯同様無くなる可能性があるので対策が必要です。まずはある程度の本数在庫しておく方が賢明かもしれません。

電力計の移動

2020年11月16日〔カテゴリ:電気工事〕

当店の電力計やブレーカー類は北面にあって、以前から何とかしなくてはならないと思ってしました。
写真のように隣と隣接していて隙間がほとんどなく、度々お隣の敷地を使用して操作していたので、大変ご迷惑だったと思います。

メーターの移動は配線の張替えなど手間がかかり、当店の場合は足場も必要になります。外壁の老朽化の補修が必要になり、合わせてメーター類の移動も行うことを計画しました。

当然お客様の仕事が最優先なので、合間を縫って時間を作りました。これまでの北面から、ひたちなか文化会館側の道路に面した東面への移動が完了しました。

ブレーカー類も老朽化したので収納ボックスごと一新しました。これで停電や検査の時もお隣や検査の方々にご迷惑をかけることも無くなります。

メーターの移動と検査は東電パワーグリットが行います。
実際に作業を行うまでに、図面を作り申請して日程を調整するので相当手間がかかります。

引込線の接続は高所作業車で行います。
これで、もう使用しない古い配線類を撤去すれば全部完了となります。

電気ストーブについて

2020年2月28日〔カテゴリ:電気工事〕

冬になると、電気ストーブを使用されている高齢のお客様から「コンセントが焦げた」というご相談をいただきます。
注意していただきたいことが2つあり、矢印のようにコンセントの差し込み部分が緩くなっていないか点検していただく必要があります。接触が甘くなると発熱発火につながります。使用頻度が高くて古いものは更新しましょう。
あと一つ、多いのがストーブの電源が入ったままコードをコンセントから引き抜くケース。これも接触部分の劣化につながります。ご高齢の一人暮らし世帯が身内におられたら点検してみてください。

エアコンの撤去工事

2019年3月14日〔カテゴリ:電気工事〕

県立高校でエアコンの撤去工事を受注しました。

今回はパソコン室のエアコンで、室外機3台室内機5台。
ガスの回収だけでも、仕様機器の搬入般移出、電源の確保など1日かかります。

他社の工事も進行していたので、50メートル近く離れた場所に移動しなくてはクレーンが使用出来ず誤算でした。2人では無理なので取引先営業マンの手を借り、クレーン搬出ポイントまで移動しました。

いつも思うのですが、人力だけの作業は限界がありますね。

撤去した室内機の開口部をジプトンで塞ぎます。

補修が完了した様子です。

この後、フロン破壊処理、廃棄物処理とそのマニフェスト提出、工事写真、請求書類の提出などを行い、完了しました。

発火したエアコン

2017年3月22日〔カテゴリ:電気工事〕

先日、市内の県立高校の事務室でエアコンの修理を行ないました。電源を入れると焦げ臭い、というエアコンの点検をしていたら室内機の基盤から火が出てきたので、使用を停止していました。

予算の目処がついたので、本日作業を行ないました。
直接的には室内制御基板、右端のベースが緑色の基板からの発火ですが、念のためにトランスなど劣化が考えられる部品3点の交換を行いました。

ヘルスケアセンター

2017年3月21日〔カテゴリ:電気工事〕

今年度は茨城県とひたちなか市の見積において、数件の小さな仕事が取れたので、年度末が忙しくなりました。
今日はひたちなか市日製病院に併設されているひたちなか市ヘルスケアセンターの小型エアコンの入れ換え工事を行ないました。
今回は天井埋込みエアコン3台を設置します。

写真は古い室内機の取外しが完了したところです。

ひたちなか市の仕事、特に建設業以外の小規模工事については競争が激しく、商品の納品だけ、あるいは施工が簡単な場合、利益確保が大変困難なのです。

写真は配線と配管、吊金具の処理が完了したところです。

今回の工事はクレーンを使用しないと屋上に室外機が設置できないため、
総額では当店が有利になりました。
他社は人力で吊り上げる検討をしていたと聞きました。なぜ利益確保が困難なのか、その理由が伺えます。

屋上に室外機を設置して配管が完了しました。工期は3日でした。
今回の工事は作業者の協力で、何とか予算内に抑える事ができました。当店はそのあたりが恵まれていると思います。

街路灯交換工事

2017年3月20日〔カテゴリ:電気工事〕

アパート敷地内の街路灯が破損してしまい、交換する事になりました。この真下が駐車スペースなので車の部品が当たったか、ボールが当たったなどが原因でしょう。

ガラスの落下が危険なので、とりあえず撤去させていただきました。本体は型式も不明なので、既設のポールに新しいものを設置するご提案をする事になります。

本体の光源は、これまで使用していた水銀灯ではなくLED照明で、セードは割れると危険なガラスではなく樹脂製で小型のものをご提案しました。

ポーの内部の配線も全部入れ換えて、完了です。
既設ポールには適合しないので、アタッチメントを別途製作してもらいました。
LED照明は球切れのがないのでオーナー様にとって管理が楽になると思います。

LED工事

2017年3月4日〔カテゴリ:電気工事〕

LEDの価格は以前と比べれば少し安くなりました。
既存の器具を改造してLEDにする事は簡単に出来るので事務所などにお勧めです。
本体内部の配線を一部変更するだけなので器具を交換するよりも低価格で済みます。

LEDの器具は色温度といって白の度合いが5段階に分かれているので、全て揃えないとおかしくなってしまいます。
また、明るさも4段階に分かれており、信頼性のあるメーカーの商品の中から、状況に応じた明るさ、色温度を選択しておすすめしています。
別室の事も考慮すれば全て同じメーカーのもので統一すべきですよね。
安いものばかりおすすめすると長期的に問題が生じる事になります。

エアコンの基板交換

2017年2月24日〔カテゴリ:電気工事〕

県立那珂湊高校のエアコン修理を行ないました。
年度末が近い事もあって、修理見積を含めて学校関係の仕事が立て込んできました。

これは入札(見積)の結果当店が受注したもので、仕様が決定しています。
結果責任が軽減するというか、気が楽な部分はありますね。
今回は室外機基類の板の交換です。動作確認の結果、問題なく復旧しました。

ファンモーター交換

2017年1月30日〔カテゴリ:電気工事〕

県立海洋高校のエアコン修理を行ないました。
この校舎は那珂湊漁港に面しているため室外機の腐食が目立ちます。
今回は交換部品などが学校側からの指定、つまり仕様が決定しているものなので、それに基づいての作業となりました。
つまり、症状の確認と故障箇所の特定作業などは行なっていない訳です。

ファンモーターの交換という簡単な作業でしたが、交換後試運転すると故障が改善しませんでした。
症状は異音発生というものでしたが、異音はファンモーターではなくコンプレッサーです。責任はないのですが後味が良くありませんね。
結局、当店で再調査、再度見積をさせていただくことになりました。

 1件目から10件目までを表示 次のページ