有限会社 小川電機
茨城県ひたちなか市のでんき屋さん

トップページ > お仕事最前線(ブログ)

お仕事最前線

蒲田

2021年7月19日〔カテゴリ:日常〕

しばらくぶりの用事で東京に出かけました。コロナ感染者数を考えれば常磐線を使用するのもどうかと考え、自動車でリスク軽減しました。最近はカーナビのお陰で都内の移動も楽になりました。

用事は一時間程度で終了したので時間もあるし、移動も楽なので、以前住んでいた大田区の蒲田周辺に行ってみました。
この辺りから少し歩けば多摩川の土手に出る場所です。

以前といっても20歳のころで、すでに38年が経過したことを思えば昔と言い換えた方がいいのか...。
JR京浜東北線の蒲田から東急ですぐの場所に居ました。
この辺りは京浜工業地帯の町工場が密集していた場所です。

都心を離れれば当時のままの駅舎や路地が残っていて、自分的にはそんなに時間が経過していないように思うのですが...これが歳を取ったということです。

町工場の数が減り人も減ったかといえば、そこは東京都ですね、高齢者も増えたみたいですが相変わらず人は多い。
工場地帯の油臭さのような雰囲気がまだ残っているような感じでした。

ユニットバス

2021年7月17日〔カテゴリ:リフォーム〕

築25年程度の木造住宅にお住いのお客様から、ユニットバスのご相談をよくいただきます。
タイルで出来た浴室は浸水で柱などが痛んでいる場合が多く、それらの補修も考えれば施工上完全に分解するユニットバスがいいと思います。

常時水気に晒される浴室は、きれいに見えても浴槽とタイル類を撤去すると木材が腐っている場合がほとんどです。

今回はシロアリに食われた形跡はありませんでしたが部分的にボロボロです。

柱は問題ないので腐食部分の補強で対応しました。

浴室暖房機を入れることでタイルの冷たい感触もなくなり、
冬も快適に入浴出来ます。

ユニットバスにすれば今後浸水の心配はなくなります。さらに保温性が高まるのでヒートショックなどのリスクも軽減すると思います。

ソーラー撤去工事

2021年6月7日〔カテゴリ:住宅設備〕

大洗町にお住いのT様からソーラーの撤去のご依頼をいただきました。20年ほど前にテレビコマーシャルまで放映していた朝〇ソーラーです。経年劣化と撤去工事などを考えれば節約した光熱費はどうだったのでしょう。
セールスに問題があってフェードアウトしてしまいましたが、知らない人の方が多いのではないでしょうか。

屋根上での分解が危険と判断して、クレーンを使用しました。
分解処分、クレーン、撤去など費用は15万円弱掛かりました。
満水にすると300kgを越す設備機器が数本の針金で設置されています。

撤去直後の屋根です。漏水等のメンテナンスにおいても支障が出るので、使用していない場合はぜひ撤去をおすすめします。

ガス給湯機交換

2021年5月25日〔カテゴリ:住宅設備〕

水戸市にお住いのM様からガス給湯機修理のご依頼をいただきました。自然循環式というタイプで部品もない古いものなので交換することになりました。
自然循環式はお湯の配管と給湯器の高さを合わせないといけないため現状の給湯機も小さなコンクリート台に無理をして乗せているのが分かります。

給湯機が入荷するまで石油給湯器を仮設してお湯を使用していただきます。コンクリート台が小さく、撤去したり作り直していると時間と費用が掛かるため、配管を一般的な強制循環式に変更しました。これだと高低差があっても支障なく無駄な雇用がかかりません。

後日、新品が入荷したため設置工事を行いました。

金精道路開通

2021年4月30日〔カテゴリ:日常〕

栃木群馬県境を超える金精道路はようやく開通となり、群馬県の丸沼高原へのアクセスは1時間以上短縮されました。まだ観光シーズンには程遠いこの時期、シカの群れに遭遇しました。7~8頭はいましたね。夜間だとたまにあるのですが、夕刻とはいえ明るい時間に群れを見るのは珍しいことです。近年シカが増えすぎて地元では対策が大変だと聞きます。

国道120号線

2021年4月18日〔カテゴリ:日常〕

4月になると会津地方のスキー場はクローズしてしまうため、金精峠を越えたところの丸沼高原に練習の場所を移します。国道120号線(金精道路)は4月下旬まで冬季通航止めなので足尾経由で80kmほど遠回りすることになります。今日は午後から寒気が入り雨が雪に変わりました。

エコキュートの基礎

2021年4月15日〔カテゴリ:エコキュート〕

エコキュートの入換え工事の時の確認事項で基礎がしっかりしたものか、を特に重視しています。
直置き基礎などは当然ですが、特に傾きがなくて基礎が薄いものであったり地面が柔らかい場所だった場合が要注意です。一度設置したら10年以上使用するものなので、余分な出費になりますが、お客様にはご理解いただく必要があります。

写真の基礎は周辺が田圃で基礎が薄く、壁との間に隙間ができ始めていたため、杭の役割をするパイプを1メートルほどの長さに2本打ち込み、住宅の基礎にアンカーを挿入して鉄筋を入れたうえで作り直しました。

コンクリートが固まり設置できるまでに2週間程度の期間がかかります。その間は石油給湯器を仮設させていただいています。
撤去当日からお湯が使用できなくなる時間はありません。

特に基礎の部分は、施工業者が黙っていれば分からず、設置も一日で終わるので簡単なはずなのですが、長期的にお客様のメリットにはならず、事故になる可能性もあるため、お客様にそれをご理解いただく必要があると考えています。

コロニアル屋根の補修

2021年3月21日〔カテゴリ:リフォーム〕

コロニアルの屋根は定期的に塗装をしないと劣化してしまい、先々雨漏りなどの原因になります。また何かの作業が屋根上で行われた場合に簡単に割れてしまうので放置することで写真のような状態になります。

お客様は屋根に上がることは無く、割った場合は簡単にコーキングなどをして黙っている場合もあるので劣化には気付くことはありません。
今回はアンテナの施工時にかなりの劣化があったためお客様に報告して補修工事のご依頼をいただきました。

北側一階の屋根の劣化が激しく、確認を行うと部分補修では対処できない事が分かり、お客様に追加のご了解を得たうえで野地板(下地板)とその下の垂木の交換と補強を行うことにしました。

下地が腐ることで強度不足になっている屋根を歩くとフカフカします。
広範囲だとコロニアルだけ新しくしても歩けば割れてしまう可能性があります。

これらは工程が変わってしまい面倒な作業で、日々確認を行わなければ作業者からの申告もない場合があります。しかしながらお金を支払うお客様の立場に立てば、予算通り終わればそれで良しというものではありません。最終的には情報提供を行ったうえでお客様にご判断いただくことになります。

パウダー

2021年2月23日〔カテゴリ:日常〕

南会津では1月下旬から2月下旬までの限られた時期パウダースキー(深雪)を楽しむことができます。休暇とスキー場の営業状況のタイミングから数えるほどしかチャンスはありません。今日は1日降雪が続きストックが埋まるくらいだったのでパウダー三昧でした。

唯一積雪の多いバーンのリフトを運航していた田島の台鞍スキー場に出かけました。上越だったらパウダーはあっという間に食べ尽くされるところですが、ここは穴場ですね。

塗装工事(施工前の処理③、④)

2021年2月21日〔カテゴリ:リフォーム〕

事例③ サイディング接続部分のコーキングのクラック
    お客様が気づきにくい箇所ですがこれは家中にあるの  
    で、全て確認しておく必要があります。

簡単に済ます場合はクラックの上から処理すればいいのですが、固まって劣化している場合は古いものを撤去して新たに変成シリコンの処理をすべきでしょう。

下処理(プライマー塗布)、下塗り、上塗りの前に変成シリコンによる防水処理を行います。

下処理(プライマー塗布)、下塗り、上塗りが完了した様子です。

事例④ 特に漏水が発生している個所ではありませんでしたが
    かなり劣化が進んだ箇所です。サッシ上のためお客様
    は気づかない場所です。  

下処理(プライマー塗布)前に剥離した塗膜を取り除き、変成シリコンで防水処理を行います。

事例を①~④までご紹介しましたが、現場に足を運んで、塗装工事に入る前と進行中に時間をかけて確認させていただく箇所です。ここに手抜かりがあれば塗装の価値は半減します。お客様の気づかない場所がほとんどなので、足場に上がり写真撮影してお客様に報告をしています。

 1件目から10件目までを表示 次のページ