有限会社 小川電機
茨城県ひたちなか市のでんき屋さん

トップページ > お仕事最前線(ブログ)

お仕事最前線

塗装工事(コロニアル屋根)

2020年3月14日〔カテゴリ:リフォーム〕

コロニアル屋根のスペーサーについてご紹介します。
コロニアル屋根は外壁に比べて劣化が分かりにくいのですが、足場を掛けてみると10年程度でも劣化の進行が分かります。長期にわたって放置すると骨粗鬆症のようになり交換が必要になるので注意が必要です。

一般的に知られていないのですが、コロニアルは重なり目に隙間が必要です。
ここがゴミや塗装膜で塞がれてしまうと水を吸ってしまい排水できず、下地材の劣化につながります。

洗浄終了後、ヘラでごみをかき出します。この作業を広い屋根全体に行うので非常に面倒で「やらなくてよい」「ふつうやっていない」という職人さんが多いのが実際です。

しかしこれは見積もり段階から指摘しておく必要があり、そのための予算も確保します。大した金額ではありません。

写真がスペーサーです。これを要所に挿入することで隙間を確保します。この作業は「縁切り」と呼ばれています。

挿入した状態です。「縁切りは」実際に行っているところを確認する必要があります。お客様には写真で行ったことを報告しています。

これは中塗りが完了したところです。苔が付着していた淵の部分もきれいになっています。この後再度上塗りを行い完了となります。