有限会社 小川電機
茨城県ひたちなか市のでんき屋さん

トップページ > お仕事最前線(ブログ)

お仕事最前線

塗装工事(クラック補修)

2020年3月14日〔カテゴリ:リフォーム〕

塗装工事は外壁を保護するために行うので、クラック補修は大切な作業です。
全体的なシール打替えなど、状況と劣化の度合いによってある程度費用が掛かる場合もあります。普通は不良個所の打替えを行います。

そのためには洗浄終了後に全体の不良個所を把握しておく必要があります。修正については作業者と認識の違いをなくする必要があり実際に現地で話をしながらチェックを行います。

写真は出窓の上の小屋根です。
錆を取り除くと隙間が空いていることが分かりました。

このような建具の劣化を伴う場合、塗装による防水には限界があります。
状況と補修方法についてお客様に知っていただく必要があります。

コーキングと塗装でとりあえず隙間はなくなりましたが、ここは劣化の度合いについてチェックをしていく必要があるでしょう。

矢印のテープは見落としを示すために張ったものです。
作業者も必ず見落としがあるので、任せきりではなく慎重に確認したいものです。お客様にも安全な範囲で足場の上をご案内して確認していただいています。