有限会社 小川電機
茨城県ひたちなか市のでんき屋さん

トップページ > お仕事最前線(ブログ)

お仕事最前線

蓄電池の確認

2020年11月12日〔カテゴリ:蓄電池〕

FIT終了後のソーラー発電による電力は蓄電してすべて自家使用したい、というご希望で蓄電池を導入した、ひたちなか市のH様にモニターをさせていただいております。

昨年は勿体ないので深夜電力も充電して使用していましたが、それほどメリットはなく、日照時間の長い時期は太陽光を十分蓄電して使用する方が目的にかなうので方針を変更して、4月からは太陽光のみの蓄電にしました。

やはりこの時期、日照時間の減少とともに一日晴れの日は満タンになりますが、曇ると満タンにはなりません。
しかしながら、充電した分は夕刻からすべて放電されていて電気代に貢献しているのがわかると思います。

一日雨の日の状況だと思われます。実は電気代もモニターせて頂いていて、10月以降電気代が2倍になることがあり、原因を確認する必要がありました。やはりその時期は雨や曇りが多かったこと原因と考えられます。

太陽光発電は統計的に出力の1000倍の年間発電量があるので、4.2kwの出力に対しての4200kwhは発電量ゼロ同然の日も内包していることになります。そう考えれば蓄電池を充放電して使用している間は月次の電気代の変化に過敏なる必要もなさそうです。

写真の日は日中の太陽光発電による蓄電量は50%程度でしたが夜の時間帯には放電を続けていて、東電の電力購入がされていないことが表示からわかりますね。